Institutional Greetings

ご挨拶

東京大学総長 / 五神 真

東京大学
総長

五神 真

東京大学は、地球と人類社会の未来に貢献する「知の協創の世界拠点」の形成を目指しています。その方向性が合致するSDGsを最大限に活用し、東京大学の多様な知を総動員しつつ、学外の様々な皆様と組織レベルの連携を進め、大きな行動につなげていくために、「未来社会協創推進本部」を設置し、協創活動を推進しています。 ダイキン工業と東京大学は、同本部の記念碑とも言うべき第一号の協創事業として、2018年12月に「空気の価値化」をキーワードに産学協創協定を締結しました。 幅広い領域の研究・教育活動を行う東京大学と、徹底的に空調分野にフォーカスしてグローバルに事業展開するダイキン工業は、言わば「異質な者同士」です。しかし、この異質さこそが、未来の社会が求める、価値あるイノベーションを生み出す原動力となるのです。この結びつきは、デジタル革新による大変革のさなかにおいて、SDGsへの貢献を着実に進め、より良い未来社会である「Society5.0」を実現する道筋を共に切り開く大きな力となると確信しています。本協創が、新たな学問分野・事業分野を切り拓き、地球と人類社会の未来に貢献することを期待しています。

ダイキン工業株式会社会長 井上礼之

ダイキン工業株式会社
取締役会長兼グローバルグループ代表執行役員

井上礼之

ダイキン工業は「空気で答えを出す会社」として、空気と環境に関する社会課題の解決を通じて、持続的に成長発展していくことをめざしています。世界の空調需要は、2050年に現在の3倍に拡大すると予想されます。快適な空気環境を世界中に提供しつつ、温暖化影響を限りなく低減していくことが、SDGsの観点から当社の重要な社会的使命だと考えています。 デジタル時代のイノベーションは、自社内だけの閉じた環境では生まれません。デジタル革命が加速する中、“自前主義“から脱却し、産学連携などの「外部との協創」で差別化技術を創出し、事業化に結び付けるオープンイノベーションの実践は重要な経営課題です。 そうした課題認識のもとで東京大学との連携をスタートしました。本連携では、双方のメンバーが「組織」対「組織」で自在に交流しながら、渾然一体となって「何を一緒にやっていくか」という「問い」から考え、新たな価値創造を行う「協創」を志向しています。これまでにはない「産学協創」を実現していくために、未来技術の開発をはじめとして、未来ビジョン策定、ベンチャー連携、グローバル人材育成など、幅広い分野で連携を進めていきます。東京大学には、世界トップレベルの研究力・人文知があり、当社だけでは対応できない社会課題の解決につながるものと大きな期待を寄せています。組織の枠を超えた人材交流を実現する“ワイガヤ空間“での「協創」を通じて、SDGsの実現につながる社会課題解決に挑戦していきます。